こんなところにシミが!美容液で対策と予防

シミの理解力を上げよう

対策にはコレ

紫外線だけじゃない

シミを作る原因は、紫外線だけではありません。間違っスキンケアや生活習慣も、シミを作る要因になりますよ。美容液を使いつつ、今までの生活を改めてみましょう。

READ MORE
内側から消していこう

放置は危険

加齢と共に出てくる数々の肌トラブル。中でも、女性を泣かせるのがシミになります。美容液を使ったケアで、これ以上シミを増やさないことが大切です。

READ MORE
シミの種類はこんなにある

内側から対策

美容液でケアもいいですが、相乗効果を出すために食べ物で対策をしていきましょう。シミを内側から消してくれる食べ物は、普段から摂取できるものばかりですよ。

READ MORE
シミのタイプで使う美容液

こんなに沢山の種類

シミと一口に言っても種類やタイプも様々。また、シミの種類によって使える美容液が違うので購入時の参考にしましょう。

READ MORE

シミを作る成分と食べ物

脂肪酸

石鹸の原料となる脂肪酸は、シミを積極的に作る悪い成分です。ただ、すべての脂肪酸がシミを誘発するわけではなく、ラウリン酸やミリスチン酸、パルミチン酸のような飽和脂肪酸がシミを原因となるメラニンを大量に作ってしまいます。

白砂糖

例えば、お菓子作りや料理に使われる白砂糖は消化を促すために大量のビタミンとミネラルを消費します。肌のターンオーバーに欠かせない栄養素が、白砂糖の消化で使われるとメラニンの排出が困難になり、シミができやすい肌になります。

カフェイン

お茶やコーヒー、紅茶、コーラに含まれるカフェインは、大量に摂取するとシミを増やす要因になってしまいます。また、カフェインにはメラニン色素を拡散する悪いクセがあるので広範囲にシミが散らばる可能性があるのです。飲みすぎは厳禁!

保存料

骨や筋肉を作る時に必要なミネラルは、保存料に含まれるリンが保有しています。ただ、このリンは加工食品に多く含まれており、食べ過ぎると栄養が偏ることも。リンの過剰摂取は、シミを作るだけではなく不健康にもつながります。

甘いものを控える

砂糖が大量に使われているお菓子やケーキは、肌のターンオーバーが正常に働かなくなる可能性大です。シミ以外にも数々の肌トラブルを誘発する恐れがあるため、シミ対策をするなら極力控えるべきでしょう。

お酒がシミを抑制

大好きな人は晩酌に毎日飲むお酒。飲みすぎるとシミを作る原因になりますが、負担の少ない飲み方であれば、シミのないツルツル肌にすることも可能なんです。

みんなこんな疑問を抱えています

昼夜逆転している場合のシミ対策を教えてください。

美肌のためにゴールデンタイムの22時から2時までの就寝は基本とされています。しかし、それができなくても毎日しっかり睡眠をとったり、化粧を綺麗に落としたりするなどのケアで予防は十分可能です。

ストレスでシミが濃くなってしまったときは、どうしたらいいですか?

肌へ与えるストレスやシミやくすみ、吹き出物を作るきっかけになります。そのため、リラックス成分が含まれる葉エキス入りの美容液でケアをしましょう。

色素沈着が中々完治しないんですが、なぜですか?

ニキビ跡による色素沈着は完璧に消すまで時間がかかります。また、ご自身の肌と今お使いになっている美容液が合っていない可能性もあるため買い替えが必要になる場合もあります。

やっぱり、高い美容液でケアした方いいのでしょうか?

質の良いものやブランド名がある美容液は値段もかなり高額になりがちです。現在は、効果を発揮する美容液が五千円以下で販売されているので高いものだけでなく、手が出しやすいものもチェックしてみてください。

効き目を実感する季節を教えてください。

シミを消す美白美容液には、様々な美容成分が含まれています。これらの成分効果をより実感する時期は、春先にかけてといわれています。この時こそ、夏にうけたダメージを回復する時でしょう。

【PR】
賢い洗顔石鹸探し。
すっぴん美人になれるアイテム!

ビーグレンの効果を詳しく紹介☆
美肌をゲットしたいなら注目! シミの原因や対策法をリサーチ☆
肌トラブルをすぐに撃退☆

w洗顔不要で本当に汚れが落ちるの?
スキンケアに最適な情報を大公開♪

クレンジングのおすすめアイテムをリサーチ☆
汚れのない肌をGET☆

ポイントはたしなむ程度

ビールだと250ml、チューハイなら180mIが理想。ぐいぐいと勢いよく飲むよりは、たしなむ程度に飲むのが美肌を保つポイントになります。

一番の原因は紫外線

細胞への攻撃

波長の短いUVEは、皮膚にある細胞を直接攻撃するためDNAを傷つけてしまいます。その間に紫外線が侵入すると細胞を守ろうとメラノサイトが増えてしまい、メラニン色素を作りだす結果になるのです。よって、シミも発生しやすくなります。

活性酸素が原因

ストレスや喫煙、飲酒、食品添加物、睡眠不足等は活性化酸素を発生させる要因です。この活性化酸素を排除しようとメラノサイト刺激物が分泌され、大量のメラニンが作られます。

炎症によるもの

思春期ニキビや大人ニキビが上手に完治できないと、色素沈着になって残ることもあります。そのため、シミになる前に炎症を抑える美容液を使うのがオススメです。

肌によくないコスメ

刺激物が大量に含まれている化粧品は、肌を傷めつける原因になります。例えば、オーガニック化粧品や低刺激の美容液にする等、肌に負担をかけないコスメ用品を使うとシミの発生率を抑えることができますよ。

広告募集中