肌に負担をかけないやり方

ケアをする時は順番を守る

シミを消す美容液はただ単に付けるだけでは効果が出ません。その過程にはクレンジング、洗顔、化粧水、クリームが存在します。美容液の順番は、化粧水の後です。なぜなら、水溶性の割合が強い化粧水を先に使うことで、他の美容成分の浸透が良くなるからです。

人気の美容液が持つ特徴

no.1

敏感肌にも優しい

30歳を目前に出てくるシミやくすみは、美白美容液成分が含まれる美容液で対策を。気になるシミに狙いを定め、保湿成分が硬くなった肌を柔らかくほぐしてくれます。メラニンが黒くなるのを防げるタイプは、敏感肌にも使えるでしょう。

no.2

こだわりのある成分入り

幾多の化学実験を乗り越えてできた最新の美容液は、ビタミンC誘導体の他にフラーレンやバルミチン酸レチノールも一緒に配合しています。保湿効果が高いヒアルロン酸が、シミを寄せ付けない美肌作りをしてくれます。

no.3

オーガニックファンに大人気

天然植物由来から抽出されたセラミドやコラーゲンは、どの肌質にも合うよう作られた超人気美容液です。シミや他の肌トラブルを解決する数十種類の美容成分が、年齢肌を撃退してくれます。

no.4

二つの機能

シミ予防に打ってつけの美容液は、明るく澄んだ素肌を作る30代向けの商品です。同時にアンチエイジングが可能で、シミの原因をなくしながら美肌作りができます。

no.5

受賞歴がすごい

薬用の美容液は、低刺激で無香料無着色が売り。そのため、やや高価ですが、美白に関する評価は非常に高く、実際にシミが薄くなったという声が沢山あります。濃いシミにも効果を発揮しますよ。

対策にはコレ

使用期限と保存方法

美容液は肌に毎日使うものなので、使用期限を守ったり正しい保管をしたりする必要があります。かといって、酸化防止剤や防腐剤は肌を傷めつける可能性もあり安易に決められません。この場合は、美容液のパッケージに記載されている保存方法をチェックしましょう。

使用方法について

つけるタイミングとしては浸透性が良い風呂上りがベストです。また洗顔をした後もgoodですよ。この時毛穴も目一杯開いているので、美容液成分が浸透しやすくなります。より浸透性を上げるなら蒸しタオルを使いましょう。

混ぜてもいい美容液がある

商品で違いますが、美容液の中にも化粧水や乳液と混ぜて使ってもいいコスメがあります。また、商品のタイプによっては原液で販売されているケースも多く、混ぜ方を研究し極めている女性が多くいらっしゃいます。

触り過ぎはいけない

肌を必要以上に触る事もシミを作るきっかけになります。スキンケアはどうしても手が必要ですが、時間をかけすぎてもよくありません。優しく顔を覆うようなやり方で美容液を浸透させてください。

数回に分けて行なう

一度に塗布するのではなく、数回に分けて優しく使うのがベスト。慌てずスローペースで塗ると肌への負担が少なくなります。目安は1~2分程度。

広告募集中