それぞれ役割がある

美容液だけじゃない。対策は他にもある

体を動かそう

ターンオーバーの機能が衰えると肌バリアが作られなくなりシミができやすい肌へ一直線。また、メラニン色素が体内に留まっている状態なので、有酸素運動で代謝を良くしてあげると上手に排出できますよ。

入浴で血行促進

体を芯から温める半身浴は血流が良くなる他、ストレス解消にもなり肌のコンディションがよくなります。特に40度以下のお湯に浸かるとシミ予防になるため、根本的に改善したい方は必見です。

ごしごしこすらない

シミの原因は肌を必要以上にこする事ですが、メイクを落とす時どうしてもごしごししがちです。こうしたダメージは、肌の自然治癒を高める事で防げます。そのため、なるべく優しく洗顔をすることも大切ですが、7時間睡眠も目指しましょう。

ストレスをなくす

ストレスフリーの女性は、血液の流れがスムーズなので新陳代謝も活発。その影響で、シミのできにくい体質である場合が多いです。ストレス解消のためにも、リラックスできる時間を積極的に作ることが重要です。

免疫力の低下

睡眠不足に陥ると成長ホルモンの生産がストップし、ストレス発散の妨げになります。また、免疫力が低下するとマクロファージが減少してシミを増やしてしまいます。この機会に生活態度を見直しましょう。

シミのタイプで使う美容液

乾燥を防ぐ

肌がカサカサの状態は、摩擦による刺激にとても弱いです。そのため、シミになりやすいという欠点もあります。保湿用の美容液を使って肌に潤いを与えると、乾燥によるシミを防ぐことができます。主成分は、セラミドとヒアルロン酸で、シミ一つない綺麗な肌を導くための助っ人になります。

アンチエイジングなら

シミができやすいという事は、しわやたるみも発生しやすい状況だといえます。アンチエイジング効果のある美容液にはレチノールやナイアシンが含まれており、年々減るコラーゲンの生成に一躍買ってくれます。肌に弾力が戻ると一気に若返る事ができますよ。シミ対策と一緒にどうぞ。

美白も忘れずに

透き通るような白肌にする美容液は、シミを薄くする効果が期待できます。主成分はビタミンC誘導体とアルブチンです。これらの成分が日焼け対策をしっかりと行いシミの元となるメラニン色素の生成をストップさせます。

出来たばかりのシミ

美白美容液は、肌の生まれ変わりを促進させる成分が含まれているのでメラニン色素を外に追い出す働きが期待できます。そのため、出来立てホヤホヤの小さいシミなら綺麗に消すことができます。

広告募集中